孤独死

こんにちは!

佐藤美幸です。

今回は「孤独死」のお話です。

孤独死のあとの手続き

北海道営住宅の入居窓口の仕事をしていた

とき、孤独死が年に数回ありました。

ご遺体は、死因を特定するため警察の検死

廻されるので、その間に亡くなった人の

ご遺族を探します。

同居人はいないので、どこかにいるご遺族を

見つけないと、お葬式も火葬もできない

からです。

入居時の調査表で探すのですが遠くにいて

ご遺体を引き取れないとか、すでに親戚が

亡くなられていて引き取り手がいないと

いうこともあります。

この場合は市町村が火葬することになり、

ご遺骨は共同墓地に入ることが多いです。

孤独死のあとの遺品整理

孤独死で一番問題になるのは

遺品です。

引取り手がいない場合は廃棄処分となります。

昨日まで使っていた品物がゴミとなるのは

悲しいものがあります。

独りで暮らしているひとは、荷物の整理が

大切だと思います。

他人には判らないけど自分だけが知っている

思い出の品、人には見せられない品は

シッカリ自分で整理するべきだと思います。

大切な品を棺にいれる場合は小さい箱に

「棺にいれるもの」と書いて準備します。

友人に渡せるものは今から渡すことを

考えてみてくださいね。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です