海洋散骨に思うこと

「海洋散骨のこと、聞きたいんだけど・・」

電話の主はIさん。

Iさんは、忘れたころに電話をかけてきます。

86歳のIさんは、娘に迷惑を掛けたくない

気持ちから、いろいろと勉強している様子(^○^)

でも、なかなか決められないようです。

 

私は、海洋散骨を希望される方には

なぜ、海洋散骨なのか?

墓とか納骨堂はないのか?

家族構成はどうなのか?

聞きます。

それは、ご自分が海洋散骨を望んでいても

遺骨が手元に残らないことで家族が

反対することも多いからです。

また檀家であれば難しい場合もあります。

Iさんは、お墓もなく檀家でもないとのこと。

娘さんには、海洋散骨のことを話していない

とのことなので(+o+)

ぜひ、娘さんに一度話してから決めて

くださいとお願いしました。

全ての遺骨を海に流してしまうと

娘さんには何も残らなくなります。

それが寂しい家族は分骨(遺骨を

分けること)して、手元供養する方も

います。

遺骨の納骨先は、家族がいる方は

良く話してほしいと思います。

迷惑掛けたくない想いは判りますが

先走らないことも大切です。

それぞれの想いを話すことが

将来のトラブルを避けることにも

なります。

「おれね、若い時に海で仕事してたんだ!

海に還りたいんだよね~~」

Iさん、いつでも相談にのりますよ(*^_^*)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です