戒名の本当の話

戒名って何でしょう?

よく知っている人は少ないと思います。

戒名は、浄土真宗では「法名」

日蓮宗では「法号」と呼びます。

戒名は生前につける

戒名は、亡くなった人につける名前では

なく、仏弟子になった証の名前で本来は

生前につけるものです。

生きている間に戒名を付けてもらい

自分の好きな字をいれてもらうと

戒名に愛着がわくかも知れませんね。

また、生前に戒名をつけると長生きできる

とも言われてますよね!

戒名のランク

一番高いランクは、

○○院△△××居士という「院号」

その次に「道号」「法号」「居号」となります。

浄土真宗には「道号」や「居号」をつけない

宗派があり、日蓮宗の「道号」には「法」や

「妙」の文字が入ることが多いです。

宗派によって付け方は違うんですね!

でも本来の戒名は「法号」と「居号」の

4文字だけです。

戒名は、生前のお寺への貢献度や人となりの

判断をして住職が授けるものです。

それが今は、高いお金をだせば、ランクの

高い戒名がもらえるという風潮があります。

ところが家族葬や小さい葬式が増えて戒名の

必要性を感じない人が多くなってきました。

この頃は、親が付けてくれた名前(俗名)で

いいと希望する人も多くなってきました。

あなたはどう思いますか?

 

 

 

無宗教式の葬式

このごろ、宗教離れが進んでいるせいか、

無宗教式の葬式も行われるようになって

きました。

「日頃、仏教を信仰していないのでお経は

要らない」「お布施や寄付など経済的な

付き合いも大変」というような声も聴く

ようになってきました。

宗教色のない無宗教式で行いたいと希望

する人も出てきました。

では、無宗教式の葬式って何でしょう?

無宗教式の葬式

宗教色のないお葬式は、「お通夜」はなく

告別式だけの葬式になります。

とうぜん無宗教式なのですから、お経もなく

葬式形態は自由となります。

何もなくてもいいのですが、故人を偲ぶ意味で

宗教色のない祭壇を作ったり、ろうそくに火を

点ける献灯式をしたり、故人が好きだった花を

添えたり、音楽を流したりします。

寂しさを感じないように趣向を凝らしたり

しますが、ルールがない分、葬儀を行う

家族の人は大変かもしれません。

この場合、自由葬(自分で好きなように

葬儀を作り上げていく)と同じで、

前もって葬儀会社から「葬儀の見積もり」を

取ることが大事です。

自分で好きなように作り上げる葬式は、

しっかりと自分自身で計画性を持って

事前に作りあげていくことですよ。

 

 

生前葬の意味

生前葬は自分が生きているうちに

家族や親しい友人を招いてする葬式のことを

いいます。

一時期、芸能人の間で行われてテレビで

報道されました。

生前葬の意味

生前葬を行う理由は何でしょうか?

多くは、生きているうちにお世話になった

方にお礼を言いたい、そのために自分で

自分のお葬式を主催するという意味から

です。

例えば、末期がんで余命宣告された時に

友人たちを集めて感謝の言葉を伝えて

後悔することなく人生の幕引きをする

人もいます。

人生いろいろ、人それぞれの考え方も

いろいろなのです。

葬式の意味合いも時代とともに変化

しているということなのでしょうね。

エンディングノートの書き方講座を受けて

エンディングノートの書き方講座を受けて

苫小牧市在住の菊地妙子さんの感想が届きました。

人には皆それぞれの人生があり、生命もその方の人生のあり方で決まっていくものと思います

わたしは当年70歳迄 健康損ねることなく元気に

お仕事に携わってこれました。

その間、多くの人との出会いもあり、時間に縛られた

生活でした。仕事から離れてこれからの晩年をどう

過ごそうかと考え元気なうちにしておかなければ

ならない終活に目を向け最後は「子供たちに困惑

させられない、穏やかにお別れできるようにする」

事が今の私のお努めであると思いエンディングノート

作成の気持ちになりました。

どのようなことをどの様にまとめ残しておけば

良いのか自分だけの考えでは寂しさと不安な

時間が流れるばかり。

・・・・・・中略・・・・・・

お年寄りが多くなっていくこの先、他人や

残された家族に難問やトラブルを起こさない

ように高齢者一人一人の気持ちの持ち方が

大切なのでは。。。と思います。

おつかれさまでした

最後まで書かれた菊地さん。

戸籍謄本をしっかりと収集してくださいました。

後は、1年ごとにエンディングノートを見直し

してくれれば大丈夫です。

こちらこそエンディングノート講座に参加

していただきありがとうございました。

 

 

 

ライフプラン(提案)

ライフプランを受けて

苫小牧市の鳥羽暁男様、由美子様から

ライフプランのご感想を頂きました。

1.(鳥羽様の)現状、希望、問題点については

当方の実情をよく把握して記載されていると

思います。

2.提案の遺言書については公正証書で作成する

つもりです。

3..財産管理、任意後見、死後事務委任については

どれが必要か何時ごろ委託するか等について今後

検討する必要があると思います。

4.葬式は簡素に、埋葬は海洋散骨を考えております。

「協会」への希望

終活は差し迫った方と長いスパンで考える人が

あると思います。先の見えない長いスパンの場合

委託契約者の安全性、信頼性を担保するような

方法がないと不安を感じることがあると思います。

どのような契約の方法があるのか教えていただき

たいと思います。

もしもの時のアシストサービス

鳥羽様、先の見えない長いスパンで考えるときは

「もしもの時のアシストサービス」はいかがで

しょうか?

準会員から始めてエンディングノートを作成し

お体に自信がなくなった時に会員に移行して

見守りサービス(2月に1回訪問)を受けて

心配なことがあれば相談員にお話してください。

お客様の希望にあわせて対応できるように

しております。

まずはご気軽に相談ください。

 

エンディングノート入門「イキイキ生きるために」

苫小牧市文化交流センターの苫小牧市民

カレッジ講座が始まりました。

18:45~20:45の夜の講座。

6名からスタートです。

第1回目は「エンディングノートの役割」の

お話しです。

30代の方もいるので親の代筆をするという

ことも併せて話させて頂きました。

当協会のエンディングノートを用いて

実際に緊急時の連絡先リスト、保険リスト

遺影写真の項目、大事な表紙の文言などを

書いて貰いました。

ついつい相続や相続に必要な書類や集め方

にも話題が行ってしまい、あっという間の

2時間。

センターの副館長が「こんなに活発に受講者が

質問したりする講座を見たことないですよ」と

行ってくれました!

これは、私の講座では普通のことです。

知らないことがドンドン出てきたら、もっと

知りたくなりますよね(^O^)

次回の講座は「介護」

介護施設の種類や入所の仕方、在宅介護の

ポイントや延命治療、献体、臓器提供の話を

盛込みます。

期待してくださいね!!!