戒名の本当の話

戒名って何でしょう?

よく知っている人は少ないと思います。

戒名は、浄土真宗では「法名」

日蓮宗では「法号」と呼びます。

戒名は生前につける

戒名は、亡くなった人につける名前では

なく、仏弟子になった証の名前で本来は

生前につけるものです。

生きている間に戒名を付けてもらい

自分の好きな字をいれてもらうと

戒名に愛着がわくかも知れませんね。

また、生前に戒名をつけると長生きできる

とも言われてますよね!

戒名のランク

一番高いランクは、

○○院△△××居士という「院号」

その次に「道号」「法号」「居号」となります。

浄土真宗には「道号」や「居号」をつけない

宗派があり、日蓮宗の「道号」には「法」や

「妙」の文字が入ることが多いです。

宗派によって付け方は違うんですね!

でも本来の戒名は「法号」と「居号」の

4文字だけです。

戒名は、生前のお寺への貢献度や人となりの

判断をして住職が授けるものです。

それが今は、高いお金をだせば、ランクの

高い戒名がもらえるという風潮があります。

ところが家族葬や小さい葬式が増えて戒名の

必要性を感じない人が多くなってきました。

この頃は、親が付けてくれた名前(俗名)で

いいと希望する人も多くなってきました。

あなたはどう思いますか?

 

 

 

無宗教式の葬式

このごろ、宗教離れが進んでいるせいか、

無宗教式の葬式も行われるようになって

きました。

「日頃、仏教を信仰していないのでお経は

要らない」「お布施や寄付など経済的な

付き合いも大変」というような声も聴く

ようになってきました。

宗教色のない無宗教式で行いたいと希望

する人も出てきました。

では、無宗教式の葬式って何でしょう?

無宗教式の葬式

宗教色のないお葬式は、「お通夜」はなく

告別式だけの葬式になります。

とうぜん無宗教式なのですから、お経もなく

葬式形態は自由となります。

何もなくてもいいのですが、故人を偲ぶ意味で

宗教色のない祭壇を作ったり、ろうそくに火を

点ける献灯式をしたり、故人が好きだった花を

添えたり、音楽を流したりします。

寂しさを感じないように趣向を凝らしたり

しますが、ルールがない分、葬儀を行う

家族の人は大変かもしれません。

この場合、自由葬(自分で好きなように

葬儀を作り上げていく)と同じで、

前もって葬儀会社から「葬儀の見積もり」を

取ることが大事です。

自分で好きなように作り上げる葬式は、

しっかりと自分自身で計画性を持って

事前に作りあげていくことですよ。

 

 

生前葬の意味

生前葬は自分が生きているうちに

家族や親しい友人を招いてする葬式のことを

いいます。

一時期、芸能人の間で行われてテレビで

報道されました。

生前葬の意味

生前葬を行う理由は何でしょうか?

多くは、生きているうちにお世話になった

方にお礼を言いたい、そのために自分で

自分のお葬式を主催するという意味から

です。

例えば、末期がんで余命宣告された時に

友人たちを集めて感謝の言葉を伝えて

後悔することなく人生の幕引きをする

人もいます。

人生いろいろ、人それぞれの考え方も

いろいろなのです。

葬式の意味合いも時代とともに変化

しているということなのでしょうね。

一般葬と家族葬の違いとは(2)

一般葬と家族葬の違いは何ですか?

 

死亡広告(訃報)

 

◆一般葬は「死亡広告(訃報)」を新聞に掲載して

多くの人に故人が亡くなったことを知らせます。

◆家族葬は「死亡広告(訃報)」はいっさい出しません

家族やごく一部の親戚が集まってするお葬式です。

 

葬儀終了通知

 

◆一般葬は、葬儀が終わると「葬儀終了通知」を

新聞に掲載することが多いです。

◆家族葬では「葬儀終了通知」を掲載しないことを

強くお勧めします。

なぜか?

「葬儀終了通知」を新聞でみて葬儀に

行けなかった人が

「ぜひ焼香をさせて下さい」と家にいくからです。

家族葬で行う場合は「ひそかに葬式をする」ことが

大事なのです。

 

 

無宗教葬の注意点!

こんにちは。

佐藤美幸です。

無宗教のお葬式のお話しです。

 

「無宗教葬」

聞いたことありますか?

前の通り、宗教が無いお葬式です。

お寺さんとお付き合いがなかったり

宗教に嫌悪感を抱いていたり、

お葬式費用がない場合にします。

宗教色がないので葬儀自体は短い

時間で終わることが多いです。

無宗教葬の形式

儀式としては

・始めの挨拶

・献灯(ローソクなどに点灯)

・献花(棺の前に花をささげる)

・終わりの言葉

この間に音楽が演奏されたり、故人の

プロモーションビデオが流されたりします。

自由に思い通りに行うことができます。

無宗教葬の注意点

注意点は、お墓がある場合(檀家)は無宗教の

葬儀をするのは難しいです。

また遺族や親族の理解を得ることが必要です。

 

以前、2歳のお子さんを亡くされたご夫婦がいて

その時は無宗教の葬儀をされました。

そのご夫婦は30歳代でそれぞれ親御さんもいます。

無宗教で葬儀をした場合、ご遺骨は宗教色がない

民間の納骨堂か海洋散骨等に限られてくるのですが

その2歳のお子さんのご遺骨はどこへ行くのだろうと

思いました。

お子さんの親は同じ無宗教で葬儀をしてお子さんと

一緒の納骨堂(たとえば)に入るのでしょうか?

 

お子さんの親の親は60歳代でしたが、その人たちが

亡くなったときも無宗教で葬儀をして孫たちと一緒の

納骨堂に入るのでしょうか?

 

葬儀をするときは、ご遺骨をどこにいれるかを考えて

から決めた方が、あとあとトラブルにならないです。

一般葬と家族葬の違いとは(1)

一般葬と家族葬の違いは何ですか?
一般葬と家族葬の違いは参列者の数です。

通常、家族葬の参列人数は30名以下と

言われてます。

参列者の合計人数が30名を超える

ようでしたら、家族葬は 難しいと思います。

家族葬は50名以下と考えて下さいね。