終活的な情報開示の考え方

「205番さ~ん、205番さんのご家族の方は

いらっしゃいませんか??」

待合室にいた人は下を向いたり横を向いたり。

誰も自分のことを呼んでいるとは思って

いないのです。

これは先日いった病院での出来事です。

病院で名前を呼ばないで番号で呼ぶように

なったのは、いつからなのでしょう?

個人情報保護法

個人情報保護法が施行されたのは

2005年。

病院でも個人名から番号で呼ばれる

ようになりました。

そのときの混乱ぶりからみれば

今はだいぶ落ち着いてきたといえますね~

でも、2015年からマイナンバー制に

なり、より個人情報は管理されることに

なりましたね。

個人の情報が守られることは安心できる

ことです。

でも反面、周りにいる者にとっては

やっかいな代物となるときがあります。

もしもの時

やっかいというのは、あなたが急に倒れた

時には、あなたが持っている情報は閉ざさ

れてしまうということです。

 

この間、私は夫名義のクレジット会社に

電話をしました。

クレジットの締切を知りたかっただけ

なのに、とうとう夫本人じゃなきゃダメ

いうことで、オペーレーターは教えて

くれませんでした(+o+)

 

あなたが急に倒れたときも、あなたの

情報は、家族でも教えてもらえません。

必要なお金も出せず、日常の支払いも

病院への支払いも出来なくなります。

あなただけでなく家族も困ることに

なりますよね!

情報の伝え方

個人情報保護やプライバシーを重視している

社会だからこそ、もしもの時には、速やかに

自分の情報を伝える手段を持つことが大事です。

いつ、だれに、どのようなルートで確実に情報を

伝えるように準備しておくことが重要です。

エンディングノート

情報を伝えるということでエンディングノートが

役に立ちます。

エンディングノートに預貯金のありかや生命保険の

証書をいれておけば、急に倒れても安心できます。

個人情報やプライバシーが最優先される現代には

自分の情報を書いて残しておけるエンディング

ノートは大切なものになります。

 

あなたの情報をどのようなカタチで残しておく

のか、今から考えましょう~~~

 

 

 

 

 

 

海洋散骨に思うこと

「海洋散骨のこと、聞きたいんだけど・・」

電話の主はIさん。

Iさんは、忘れたころに電話をかけてきます。

86歳のIさんは、娘に迷惑を掛けたくない

気持ちから、いろいろと勉強している様子(^○^)

でも、なかなか決められないようです。

 

私は、海洋散骨を希望される方には

なぜ、海洋散骨なのか?

墓とか納骨堂はないのか?

家族構成はどうなのか?

聞きます。

それは、ご自分が海洋散骨を望んでいても

遺骨が手元に残らないことで家族が

反対することも多いからです。

また檀家であれば難しい場合もあります。

Iさんは、お墓もなく檀家でもないとのこと。

娘さんには、海洋散骨のことを話していない

とのことなので(+o+)

ぜひ、娘さんに一度話してから決めて

くださいとお願いしました。

全ての遺骨を海に流してしまうと

娘さんには何も残らなくなります。

それが寂しい家族は分骨(遺骨を

分けること)して、手元供養する方も

います。

遺骨の納骨先は、家族がいる方は

良く話してほしいと思います。

迷惑掛けたくない想いは判りますが

先走らないことも大切です。

それぞれの想いを話すことが

将来のトラブルを避けることにも

なります。

「おれね、若い時に海で仕事してたんだ!

海に還りたいんだよね~~」

Iさん、いつでも相談にのりますよ(*^_^*)

 

終の棲家の選びかた

こんにちは。

佐藤美幸です。

今回は終の棲家のはなしです。

身元保証人

初夏のある日、一通のメールがきました。

「私たち夫婦を助けてください」

さっそくお話しを聞いたところ

入院したくても身元保証人がいなくて

入院できないで困っているとのこと。

相談者のKさん、10年前に四国から

北海道のリゾート地の住宅を購入して

移住してきました。

Kさんご夫婦に子供はいません。

旅行好きなKさんは、日本中を旅して

この北海道のリゾート地を終の棲家に

決めたそうです。

数年住み始めたころ奥さんが難病にかかり

車椅子生活になりました。

その数年後、Kさんがガンになりガン治療を

することになったのですが、入院するにも

身元保証人がいなくて入院できないという

ことで、わたしのもとに相談してきました。

身寄りも子供もいない

身寄りがいない北の地にきて病気になり、

子供もいなくて、誰も頼れない状態です。

森の深い自然いっぱいのリゾート地で

老後の生活を夢見てきたKさん夫婦。

ここで死を迎えることを考えていたはず

ですが、現実はKさん夫婦はリゾート地

から遠いところの介護施設に入ることに

なりました。

終の棲家のポイント

終の棲家を望んだとき、何を考えなくては

いけないのか、あらゆる状況を想定して

決めることが大切です。

リゾート地であれば、医療の環境、管轄役所の

福祉状態(包括センター等)が高齢者の生活に

大きく影響してきます。

移住するときは若くても、いづれ来る高齢生活を

考える慎重さが必要だと思います。

 

 

 

 

 

 

孤独死

こんにちは!

佐藤美幸です。

今回は「孤独死」のお話です。

孤独死のあとの手続き

北海道営住宅の入居窓口の仕事をしていた

とき、孤独死が年に数回ありました。

ご遺体は、死因を特定するため警察の検死

廻されるので、その間に亡くなった人の

ご遺族を探します。

同居人はいないので、どこかにいるご遺族を

見つけないと、お葬式も火葬もできない

からです。

入居時の調査表で探すのですが遠くにいて

ご遺体を引き取れないとか、すでに親戚が

亡くなられていて引き取り手がいないと

いうこともあります。

この場合は市町村が火葬することになり、

ご遺骨は共同墓地に入ることが多いです。

孤独死のあとの遺品整理

孤独死で一番問題になるのは

遺品です。

引取り手がいない場合は廃棄処分となります。

昨日まで使っていた品物がゴミとなるのは

悲しいものがあります。

独りで暮らしているひとは、荷物の整理が

大切だと思います。

他人には判らないけど自分だけが知っている

思い出の品、人には見せられない品は

シッカリ自分で整理するべきだと思います。

大切な品を棺にいれる場合は小さい箱に

「棺にいれるもの」と書いて準備します。

友人に渡せるものは今から渡すことを

考えてみてくださいね。

 

 

 

 

嫁が嫌いだからお金はやらない!

こんにちは!

佐藤美幸です。

私が終活サークルをしていたときの話です。

長男には財産を渡さない!

終活サークルで「相続」の勉強をしていたとき

サークル員の60代のご夫婦がいいました。

私たち、長男には財産を渡したくないんです。

私たちの財産は長女に全部渡したいと思って

いますけど、出来ませんか?」

私「長男さんにも財産をもらう権利はあるので

難しいですよ。でもなんで?」

「だって長男は嫁の言いなりになっていて、

私たちの話なんて聞かないし、わたし、嫁が

大っ嫌いなんです。

それに長女が近くにいてくれて、いろいろ

面倒を見てくれるし。お礼したいと思って。」

相続権

子供といえども、独立して家庭をもつと親の

思うようにはならないですよね。

やっぱり、近くにいて世話をしてくれる子供には

感謝をしたいという気持ちは良くわかります。

でも、話を聞いてくれなくても、嫁が嫌いでも

自分の子供には相続権があります。

遺言書でトラブルを作らない

あなたが亡くなったあとに、長男と長女が

喧嘩しないように、しっかり遺言書をつくり

準備しておきましょう。

長女に多く財産をのこしたい場合は

生命保険を使うといいですよ。

死亡保険の受取人を長女にしておけば

間違いなく長女にお金がいきますよね。

 

 

 

 

生きるための知恵・・・私が終活を始めたキッカケ

こんにちは!

佐藤 美幸です。

今回は「知恵」のお話です。

生きるための知恵

私が不動産会社に勤めていたときの話です。

担当は北海道営住宅の入居窓口業務でした。

北海道営住宅は、低所得者や高齢者が

多く入居しているアパートです。

当然、家賃は格安で、収入が少ない人には

減免(家賃が安くなること)もありました。

1万円のために

毎年、冬と春のはじまりに窓口にやってくる

70代の男性がいました。

冬に生活保護の申請して、春に生活保護を

取り下げるのですが、その都度、北海道営

住宅の窓口にきて家賃の減免の申請をしたり

取り消したりするのです。

どうしても不思議で、その男性に聞きました。

「なんでそんな面倒なことしてるの?」

「俺さ、年金が少ないのよ。

でもこの年金で生活しなくちゃなんねえべ。

冬になったら生活保護を申請したら灯油代が

もらえるべ。でも春になって灯油代がもらえ

なくなったら、生活保護費より俺の年金の方が

1万円多い。1万円のために、生活保護の申請

したり、切ったりしてるのよ。

1万円が無かったら、俺、死ななきゃいかんわ。」

「そうなの。誰に教えてもらったの?」

「自分で役所いったりして調べたんだわ。自分の

ことは自分でやらにゃ、ものにならん。」

行動することの大切さ

このおじさんは、自分の生活を守るために

冬と春に行動していました。

終活も同じです。

いま悩んでいることを解決するためには

自分で動くしかないのです。

問題になりそうなことを全部書き出し

必要なことを今から準備するのです。

あなたの終活は、あなただけのものです。

 

 

 

 

 

ひとこと、あれば・・・私が終活をはじめたキッカケ

こんにちは!

私が終活の仕事をするようになった

キッカケをお話します。

悲しい結果

いまでも

あのひとことがあったら

こんな悲しい結果をむかえなかったし

わたしは終活に出会うこともなかった

と思います。

あなたには、

こんな悲惨な経験をしてほしくない

そんな気持ちをこめて・・

 

小さいお葬式

叔母が病気で倒れ、入院先で亡くなりました

叔母の家族は、ひとり娘だけでしたが

近くに叔母の兄弟姉妹たちが住んでいました

叔母は亡くなる前に、

お葬式にはお金をかけなくてもいい、

小さいお葬式でいい、

と娘にお願いしていたそうです

娘は母の希望を叶えようと

小さい斎場で小さいお葬式をすることに

しました

すると、叔母の兄弟姉妹が怒りました

妹は葬式に友達をたくさん呼んで

にぎやかに送ってほしいと言ってた!

こんな惨めな葬式は妹が可哀そうだ!

叔母の娘と大喧嘩になり

泣くわ叫ぶわの悲惨なお通夜になり

寂しい、悲しいお葬式になりました

 

ひとことがあれば・・・

悲惨なお葬式から数年

叔母の娘と叔母の兄弟姉妹は会うことが

なくなりました

叔母は天国から、どんな気持ちで見ている

のでしょう・・

こんなこと、望んでいたのでしょうか

 

叔母がひとこと、

「小さい葬式でいいの。お金をかけない

ようにしたいの。」と叔母の兄弟姉妹にも

言っていたら大喧嘩にはならなかったし、

法要には、みんなで集まって叔母の昔話を

笑いながらしていたはずです

ひとことが無かったばかりに皆が不幸に

なったのです

 

エンディングノートでつたえること

あなたがいなくなったら

あなたの言葉や行いは

あなたの家族や大切な人が受け継ぎます

言葉だけでなく、エンディングノートに

書いて遺すことで

あなたの家族や大切な人を

困らせることなく守れるのです!

しっかりと

あなたの言葉やあなたがしたいことを

つたえてほしいと思います

毎日の積み重ねで皆が幸せになるのです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

独身の後始末・・・私が終活を始めたキッカケ

こんにちは!

今回は

お一人様(独身または身寄りがいない人)が

亡くなったあとの話です。

60代で亡くなった叔父の実話です

まさかの死

独身の叔父は、8人兄弟姉妹の一番末っ子です

60歳で役所を定年退職して好きな庭仕事を

しながら自由自適な生活を楽しんでました

ある日、激しい腹痛で病院にいきました

診断は大腸がん!

もともと痩せていた叔父でしたが、

大腸がんのせいで、体はもっとやせ細り

闘病のはてに病院で亡くなりました

一番若い末っ子の弟が亡くなったことで

残された7人の兄弟姉妹は悲しみました

財産の整理

亡くなった叔父の相続手続きをわたしが

することになりました

まず、財産の洗い出しをします

土地と建物、土地、自動車、預貯金の総額

借金、証券、会員権など探します

亡くなった叔父は独身で一人で家に住んで

いたため、どこに何があるのかわかりません

通帳は残金1円でも相続の対象になります

複数の銀行の通帳が出てきたり、満期が過ぎて

いる定期預金があると、すごく面倒です(+o+)

家族がいない叔父の財産は兄弟姉妹にいきます

遺産分割協議(誰が叔父の財産をもらうのか、

相続人みんなが集まって話合う)をします

そして土地や家、自動車をもらった人は

それぞれ登記します

預貯金は各銀行に行き名義変更の手続きを

します

年金や社会保険、生命保険などの手続きも

必要です

することはたくさんあります

でも、いまでも思うことがあります

ほんとうにこれで良かったのかなあって・・

亡くなった叔父は財産をどう分けたかった

のかなあって・・・

エンディングノート

独身の男性は知っているでしょうか?

でも、是非、書いてほしいのが

エンディングノートです!

独身だからこそ、一緒に住んでいる家族が

いないからこそ、不慮の事態にそなえるために

書類の置き場所、連絡先、通っている病院

しっかりと書いて残してほしい

それはお一人様の責任だと思います

それから見られたくないものの整理もしてね(^O^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

運命って・・・私が終活を始めたキッカケ

終活っていうと

死ぬ間際のものでしょう?

と言われます

わたしが広めようとしている終活は

元気に生きているときにするものです

生きてるって素晴らしいと感じることが

できるのが終活です(^○^)

 

とつぜんの死

私が27歳のときでした

その年の夏休みに入った1日目に海に

キャンプしにいきました

数組の家族と一緒のキャンプ

5歳の息子は参加した家族の子供たちと仲良く

なり初めてのキャンプを楽しんでました

翌日の朝は曇り空で風が強く寒く感じました

息子は大きいお兄ちゃんたちと一緒に海へ

散歩しにいきました

私は他のお母さんたちと朝ごはんの用意を

してました

数分後、数人の子供たちが走って戻って

きました

「たいへん、Yちゃんが波にもっていかれ

ちゃった」

なにを言っているのか理解できない・・

息子がいなくなったという浜へ行くと

白い泡の波が足元まできました

 

ずっと浜辺で迎え火を焚き、息子が帰って

くるのを待っていました

 

でも

浜辺に届いたのは息子が履いていた黄色い

長靴の片方だけです

わたしは息子がこの世から消えたことが

どうしても信じられませんでした

 

バッシング

朝から鳴り止まない電話。。。

電話にでると

「親がいたのに、なんで死なせた!」

「おまえが殺した!おまえが死ねばよかった!」

息子の海難事故がテレビや新聞で報道された

ことで始まったバッシング

顔も知らない人から言われるバッシング

言われるたびに泣きました

 

何万回も何十万回も後悔しました

なんで浜辺に行かせたのか?

なんでキャンプに行ったのか?

なんで息子なのか?

私も死にたい!

生きていくことも、考えることも、

しんどくなり殻に閉じこもりました

死んだのは運命

あるとき言われました

「息子さんは5歳で死ぬ運命だったのよ。」

運命ってなに?

5歳で死ぬ運命ってなんだろう?

死ねない私の運命ってなに?

またまた考えてしまいました・・

・・わからなかった・・・

でもね

ひとつわかったことがあります

それは

人はいつか必ず死ぬということ

いつ死ぬのかは誰もわからない

じゃあ、いつ死んでもいいように

息子の分まで頑張って生きようと決めました

人に迷惑をかけないようにしよう

私の大切なものを子供たちに残していこう

そして死ぬ瞬間まで後悔しない生き方を

しようと心に決めたのです!

あなたは決めていることがありますか?