5年間で約半分の人が認知症になるMCI!

こんにちは!

佐藤美幸です。

今回はMCI(軽度認知障害)のお話です。

MCIとは?

MCI(Mild Cognitive Impairment)は軽度認知障害の

ことをいいます。

簡単にいうと健常者と認知症の中間のことを

いいます。

限りなくグレーに近いゾーン(+o+)

MCI(軽度認知障害)には5つの定義が

ありますが、簡単にいうと、

この頃よく忘れ物をするようになったと

本人も家族も認めているけど普通に生活

できているし支障もない。

でも不安なので病院にいって検査

してもらったけど認知症ではないと

いう状態のことをいいます。

5年間で50%

MCI(軽度認知障害)をそのままにしておくと、

認知機能の低下が続いて、なんと5年間で約50%の

人が認知症へと進行すると言われています(+o+)

2014年厚生労働省から発表されたデータに

よると全国に400万人は存在していて、

65歳以上の人の約3割はMCI(軽度認知障害)

の状態にあるといわれています。

これは65歳以上の4人に1人です!!

認知症やMCIはとても身近なのです。

早期発見すること

MCIの検査としては、認知機能のチェック

テスト、MRIによる脳の画像検査、血液

検査などがあります。

MCI(軽度認知障害)を早期に発見できれば

生活習慣を改め改善をすることで、認知症への

進行を防いだり、発症を遅らせたりできることが

わかってきています。

できる限り早期に発見して、予防改善に取り

組むことが大切です!

認知症のテスト

こんにちは!

佐藤美幸です。

認知症のテストがあること知ってますか?

認知症を早期に発見するためのテストで

今回ご紹介するのは「長谷川式簡易知能

評価スケール」です。

30点満点で20点以下の場合は、認知症の

可能性が高いと言われます。

でも診断結果から即「認知症」と診断する

ことは難しいので、やはり病院に行って

検査・診断が必要です。

定期的にテストをすることによって

早期発見に役立ちます(^O^)

長谷川式簡易知能評価スケール(改訂版)

テストしてみましょう!

1.歳はいくつですか?

 2年までの誤差は正解

不正解 0点 正解 1点

2.今日は何年の何月何日ですか?何曜日ですか?

年・月・日・曜日が正解でそれぞれ1点ずつ
   不正解 0点 正解 1点 
月   不正解 0点 正解 1点 
   不正解 0点  正解 1点 
曜日  不正解 0点 正解 1点

3.私たちが今いるところはどこですか?(正答がないときは5秒後にヒントを与える)

自発的に答えられた
2点
5秒おいて「家ですか?病院ですか?施設ですか?」 の中から正しい選択ができた
1点
不正解
0点

4.これから言う3つの言葉を言ってみてください。

あとの設問でまた聞きますのでよく覚えておいてください。

の例のいずれか1つで行う

列1 a)桜 b)猫 c)電車
列2 a)梅 b)犬 c)自動車

言葉ごとに各1点ずつ

3つ正解 3点  2つ正解 2点  不正解 0点  1つ正解 1点

5.100から7を順番に引いてください。(aに正解のときのみbも行う)

a) 100―7は?
b) それから7を引くと?
a、b各1点ずつ
(aの答えが不正解の場合、bは聞かない)
不正解 0点  正解(93) 1点
不正解 0点  正解(86) 1点

6.これから言う数字を逆から言ってください。(aに正解のときのみbも行う)

a) 6―8―2
b) 3―5―2―9
a、b各1点ずつ
不正解 0点  正解(2-8-6) 1点
不正解 0点  正解(9-2-5-3)1点

→先ほど覚えてもらった言葉(問4の3つの言葉)をもう一度言ってみてください。

正答がでなかった言葉にはヒントを与える
自発的に答えられた1つの言葉につき各2点
ヒント a) 植物 b) 動物 c) 乗り物 を与えたら正解できた
1つの言葉につき各1点 不正解 0点

8.これから5つの品物を見せます。それを隠しますので何があったか言って下さい。

1つずつ名前を言いながら並べ覚えさせる。次に隠す。
時計、くし、はさみ、タバコ、ペンなど必ず相互に無関係なものを使う。
1つ正答するごとに1点
5つ正解 5点  4つ正解 4点  3つ正解 3点
2つ正解 2点  全問不正解 0点1つ正解 1点

9.知っている野菜の名前をできるだけ多く言ってください。

答えた野菜の名前を記入する。
途中で詰まり、約10秒待ってもでない場合にはそこで打ち切る。
正答数ごとに右記点数
正答数10個以上 5点  正答数9個 4点
正答数8個 3点    正答数7個以上 2点
正答数6個以上 1点  正答数0~5個 0点正答数6個 1点

合計得点     点

質問内容の解説

1:年齢 2:日時の見当識 3:場所の見当識

4:言葉の即時記銘 5:計算  6:数字の逆唱

7:言葉の遅延再生 8:物品記銘 9:言語の流暢性

< 判定 >30点満点

・20点以下のとき、 認知症の可能性が高いと判断される。
・非認知症:24.3点/軽度認知症:19.1点
・ 中等度認知症:15.4点/ やや高度認知症:10.7点
・ 高度認知症: 4.0点

 ■20点以下の方

 →認知症の可能性が高いです。

いますぐ病院で検査・診断をお勧めします!

 

認知症になったら失うもの

こんにちは!

佐藤美幸です。

イキイキスクールで

「認知症になったらどうなるか?」という

テーマで話していたときのことです。

生徒のSさんが

「もっと前にこれを知っていたら

良かったのに。」と悔しがりました(゜o゜)

認知症になると財産が凍結

Sさんのご主人は認知症になりました。

認知症になると財産は凍結されます。

妻であっても、ご主人名義の預貯金の出し

入れは出来ません。

当然、ご主人名義のものは自由にできません。

Sさんは困り、家庭裁判所に法定後見人の

申立てをしました。

申立てには、たくさんの時間とたくさんの

書類が必要です。

ご主人の後見人になったSさんは、ご主人の

通帳からお金を引出すると、1円のお金まで

出納帳に記入して、家庭裁判所の監督人に

見せることになります。

夫婦ふたりで貯めたお金なのに自由に

ならないことに苛立ちを覚えてました。

なんでこんなことになったのか、

これがいつまで続くのかを考えると

気が遠くなると言いました。

そう、認知症になったら

財産は凍結されて使えなくなります。

任意後見契約で代行

凍結されても、すぐお金を引き出せる

ようにする「契約」があります。

「任意後見契約」といいます。

ご主人が認知症になる前に、Sさんと

「任意後見契約」をしていれば、

Sさんはご主人の後見人として、すぐに

ご主人の代わりにお金を出して支払うことが

できるのです。

ご主人が元気なときに契約しておけば

たくさんの時間や書類、お金をかけなくても

いいのです。

「任意後見契約」

覚えておきましょう(*^_^*)