独身の後始末・・・私が終活を始めたキッカケ

こんにちは!

今回は

お一人様(独身または身寄りがいない人)が

亡くなったあとの話です。

60代で亡くなった叔父の実話です

まさかの死

独身の叔父は、8人兄弟姉妹の一番末っ子です

60歳で役所を定年退職して好きな庭仕事を

しながら自由自適な生活を楽しんでました

ある日、激しい腹痛で病院にいきました

診断は大腸がん!

もともと痩せていた叔父でしたが、

大腸がんのせいで、体はもっとやせ細り

闘病のはてに病院で亡くなりました

一番若い末っ子の弟が亡くなったことで

残された7人の兄弟姉妹は悲しみました

財産の整理

亡くなった叔父の相続手続きをわたしが

することになりました

まず、財産の洗い出しをします

土地と建物、土地、自動車、預貯金の総額

借金、証券、会員権など探します

亡くなった叔父は独身で一人で家に住んで

いたため、どこに何があるのかわかりません

通帳は残金1円でも相続の対象になります

複数の銀行の通帳が出てきたり、満期が過ぎて

いる定期預金があると、すごく面倒です(+o+)

家族がいない叔父の財産は兄弟姉妹にいきます

遺産分割協議(誰が叔父の財産をもらうのか、

相続人みんなが集まって話合う)をします

そして土地や家、自動車をもらった人は

それぞれ登記します

預貯金は各銀行に行き名義変更の手続きを

します

年金や社会保険、生命保険などの手続きも

必要です

することはたくさんあります

でも、いまでも思うことがあります

ほんとうにこれで良かったのかなあって・・

亡くなった叔父は財産をどう分けたかった

のかなあって・・・

エンディングノート

独身の男性は知っているでしょうか?

でも、是非、書いてほしいのが

エンディングノートです!

独身だからこそ、一緒に住んでいる家族が

いないからこそ、不慮の事態にそなえるために

書類の置き場所、連絡先、通っている病院

しっかりと書いて残してほしい

それはお一人様の責任だと思います

それから見られたくないものの整理もしてね(^O^)