終活的な情報開示の考え方

「205番さ~ん、205番さんのご家族の方は

いらっしゃいませんか??」

待合室にいた人は下を向いたり横を向いたり。

誰も自分のことを呼んでいるとは思って

いないのです。

これは先日いった病院での出来事です。

病院で名前を呼ばないで番号で呼ぶように

なったのは、いつからなのでしょう?

個人情報保護法

個人情報保護法が施行されたのは

2005年。

病院でも個人名から番号で呼ばれる

ようになりました。

そのときの混乱ぶりからみれば

今はだいぶ落ち着いてきたといえますね~

でも、2015年からマイナンバー制に

なり、より個人情報は管理されることに

なりましたね。

個人の情報が守られることは安心できる

ことです。

でも反面、周りにいる者にとっては

やっかいな代物となるときがあります。

もしもの時

やっかいというのは、あなたが急に倒れた

時には、あなたが持っている情報は閉ざさ

れてしまうということです。

 

この間、私は夫名義のクレジット会社に

電話をしました。

クレジットの締切を知りたかっただけ

なのに、とうとう夫本人じゃなきゃダメ

いうことで、オペーレーターは教えて

くれませんでした(+o+)

 

あなたが急に倒れたときも、あなたの

情報は、家族でも教えてもらえません。

必要なお金も出せず、日常の支払いも

病院への支払いも出来なくなります。

あなただけでなく家族も困ることに

なりますよね!

情報の伝え方

個人情報保護やプライバシーを重視している

社会だからこそ、もしもの時には、速やかに

自分の情報を伝える手段を持つことが大事です。

いつ、だれに、どのようなルートで確実に情報を

伝えるように準備しておくことが重要です。

エンディングノート

情報を伝えるということでエンディングノートが

役に立ちます。

エンディングノートに預貯金のありかや生命保険の

証書をいれておけば、急に倒れても安心できます。

個人情報やプライバシーが最優先される現代には

自分の情報を書いて残しておけるエンディング

ノートは大切なものになります。

 

あなたの情報をどのようなカタチで残しておく

のか、今から考えましょう~~~

 

 

 

 

 

 

終活のために今からあなたがやるべき7のこと

こんにちは。

佐藤美幸です。

今からあなたがやるべきこと

1、あなたの環境を把握する

 ・家族構成(配偶者、子供、親、兄弟姉妹)

 ・独身(親、兄弟姉妹、友人)

家族構成を把握することで、介護状態になったときの

日常の介護を頼めるひとや遺産相続のときの相続人や

葬儀のときの参列者人数がわかります。

2、あなたの財産の把握

 ・預貯金、有価証券、債券、金券等

 ・土地、建物、自動車等

財産を把握することで相続税対策や遺言書

作成、後見制度に活用できます。

3、あなたの健康状態の把握

 ・持病(高血圧、高脂血症、糖尿病等)

 ・年1度、健康診断を受ける

自分の健康状態を把握していると緊急の入院等に

役立ちます

4、あなたの地域の福祉サービス等の把握

 ・介護施設等

 ・地域や自治体の福祉サービス

 ・病院(療養型)、訪問医

元気なうちから介護施設や病院を確認します。

地域の福祉サービスを知っておきましょう。

5、書類や荷物の整理

 ・大きいもの、重たいものから整理

 ・書類や写真等の分類、整理

外回りから片付けましょう。

リサイクルショップを活用します。

書籍は自治団体やボランティア団体に寄付

6、終活を勉強する

 ・あなたの環境を把握したうえで終活を取り入れる

終活はその人その人ですることが違います。

環境や事情等を考えて備えるためには勉強が必要

7、エンディングノートを書く

  今から、すぐ(^○^)

エンディングノートはトラブルを防ぎます。

かならず書いておくことが大切です。

 ↓ エンディングノートに興味のある方はクリック(^○^)

今を楽しく生きるために~悩みや不安に向き合うエンディングノート