無宗教式の葬式

このごろ、宗教離れが進んでいるせいか、

無宗教式の葬式も行われるようになって

きました。

「日頃、仏教を信仰していないのでお経は

要らない」「お布施や寄付など経済的な

付き合いも大変」というような声も聴く

ようになってきました。

宗教色のない無宗教式で行いたいと希望

する人も出てきました。

では、無宗教式の葬式って何でしょう?

無宗教式の葬式

宗教色のないお葬式は、「お通夜」はなく

告別式だけの葬式になります。

とうぜん無宗教式なのですから、お経もなく

葬式形態は自由となります。

何もなくてもいいのですが、故人を偲ぶ意味で

宗教色のない祭壇を作ったり、ろうそくに火を

点ける献灯式をしたり、故人が好きだった花を

添えたり、音楽を流したりします。

寂しさを感じないように趣向を凝らしたり

しますが、ルールがない分、葬儀を行う

家族の人は大変かもしれません。

この場合、自由葬(自分で好きなように

葬儀を作り上げていく)と同じで、

前もって葬儀会社から「葬儀の見積もり」を

取ることが大事です。

自分で好きなように作り上げる葬式は、

しっかりと自分自身で計画性を持って

事前に作りあげていくことですよ。