戒名の本当の話

戒名って何でしょう?

よく知っている人は少ないと思います。

戒名は、浄土真宗では「法名」

日蓮宗では「法号」と呼びます。

戒名は生前につける

戒名は、亡くなった人につける名前では

なく、仏弟子になった証の名前で本来は

生前につけるものです。

生きている間に戒名を付けてもらい

自分の好きな字をいれてもらうと

戒名に愛着がわくかも知れませんね。

また、生前に戒名をつけると長生きできる

とも言われてますよね!

戒名のランク

一番高いランクは、

○○院△△××居士という「院号」

その次に「道号」「法号」「居号」となります。

浄土真宗には「道号」や「居号」をつけない

宗派があり、日蓮宗の「道号」には「法」や

「妙」の文字が入ることが多いです。

宗派によって付け方は違うんですね!

でも本来の戒名は「法号」と「居号」の

4文字だけです。

戒名は、生前のお寺への貢献度や人となりの

判断をして住職が授けるものです。

それが今は、高いお金をだせば、ランクの

高い戒名がもらえるという風潮があります。

ところが家族葬や小さい葬式が増えて戒名の

必要性を感じない人が多くなってきました。

この頃は、親が付けてくれた名前(俗名)で

いいと希望する人も多くなってきました。

あなたはどう思いますか?