5年間で約半分の人が認知症になるMCI!

こんにちは!

佐藤美幸です。

今回はMCI(軽度認知障害)のお話です。

MCIとは?

MCI(Mild Cognitive Impairment)は軽度認知障害の

ことをいいます。

簡単にいうと健常者と認知症の中間のことを

いいます。

限りなくグレーに近いゾーン(+o+)

MCI(軽度認知障害)には5つの定義が

ありますが、簡単にいうと、

この頃よく忘れ物をするようになったと

本人も家族も認めているけど普通に生活

できているし支障もない。

でも不安なので病院にいって検査

してもらったけど認知症ではないと

いう状態のことをいいます。

5年間で50%

MCI(軽度認知障害)をそのままにしておくと、

認知機能の低下が続いて、なんと5年間で約50%の

人が認知症へと進行すると言われています(+o+)

2014年厚生労働省から発表されたデータに

よると全国に400万人は存在していて、

65歳以上の人の約3割はMCI(軽度認知障害)

の状態にあるといわれています。

これは65歳以上の4人に1人です!!

認知症やMCIはとても身近なのです。

早期発見すること

MCIの検査としては、認知機能のチェック

テスト、MRIによる脳の画像検査、血液

検査などがあります。

MCI(軽度認知障害)を早期に発見できれば

生活習慣を改め改善をすることで、認知症への

進行を防いだり、発症を遅らせたりできることが

わかってきています。

できる限り早期に発見して、予防改善に取り

組むことが大切です!